第4回輸出に取り組む優良事業者表彰

趣旨

 農林水産物・食品の輸出の発展に向け、「輸出可能品目の拡大」、「新たなジャンル(健康食品、中食)の開発、」、「輸出ロットの拡大等による価格競争力の強化」、「新市場の開拓」、「輸入規制の緩和・撤廃への働きかけ」などの観点から顕著な実績を挙げている農林水産物生産者、企業、団体、個人を広く発掘し、その取組内容を表彰し、取組内容を食品の輸出に関心のある方々に広く周知することにより、新たに輸出にチャレンジする方々への一助となることを目的として「輸出に取り組む優良事業者表彰」を実施します。

主催等

■主催:公益財団法人食品等流通合理化促進機構
■後援:独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)・ 全国商工会連合会 ・ 全国中小企業団体中央会・
    日本農業法人協会 ・ 日本政策金融公庫

賞の種類

■農林水産大臣賞
■農林水産省食料産業局長賞

 ※農林水産大臣賞を受賞された取組の中から1点を農林水産祭(多角化経営部門)への出品財とします。 

-農林水産祭とは-
 農林水産祭は国民の農林水産業と食に関する認識を深め、農林水産業者の技術改善及び経営発展意欲の高揚を図るため、国民的な祭典として実施しております。(実施主体:農林水産省と公益財団法人日本農林漁業振興会の共催)
 毎年、式典では、農林水産大臣をはじめ、多くの来賓の参加のもと、生産者代表と消費者代表による 収穫感謝の言葉、優秀農林水産業者の表彰等が行われます。優秀農林漁業者の表彰は、過去一年間の農林水産祭参加表彰行事(輸出に取り組む優良事業者表彰も参加行事の一つです。)において農林水産大臣賞を受賞した者の中から、7部門(農産・蚕糸、園芸、畜産、林産、水産、多角化経営、むらづくり)毎に、天皇杯、内閣総理大臣賞、日本農林漁業振興会会長賞の選賞及び女性の活躍について、内閣総理大臣賞及び日本農林漁業振興会会長賞が決定されます。
 三賞受賞者は、毎年11月23日(勤労感謝の日)に開催される農林水産祭式典において、天皇杯等が授与されますが、特に天皇杯受賞者は、天皇皇后両陛下に直接業績を説明する機会が与えられます。

募集対象

 表彰対象事業者は、日本の農林水産物・食品の輸出に係わる業務に携わる団体(企業、法人、任意団体等)又は個人(以下「輸出事業者」という。)とします。

応募方法・応募期間

 「令和元年度輸出に取り組む優良事業者表彰応募様式」に必要事項を記入し、応募必須書類を同封の上、応募期間内に下記宛先まで送付してください。なお、お送りいただく際は、簡易書留、特定記録、宅配便等、配達されたことが証明できる方法によりお送りください。

(お送りいただいた応募に関する書類は返却いたしません。)


 <送付先>   〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-5 第1東ビル6階

         公益財団法人 食品等流通合理化促進機構 「輸出に取り組む優良事業者表彰」事務局 宛

 <応募期間>  令和元年6月1日(土)~7月31日(水)


 <応募に必要な書類>

  1.令和元年度輸出に取り組む優良事業者表彰 応募様式 (必須)
  2.写真(取組内容がわかる写真) (必須)
  3.取組内容を記載した関係資料 (任意)
  4.会社等の概要がわかるパンフレット等 (任意)

審査

 学識経験者・有識者からなる「輸出に取り組む優良事業者表彰審査委員会」を設置し、下記の「輸出に取り組む優良事業者選賞基準」により審査委員が選考を行います。なお、選考に関する経緯、経過については公表しません。

 

<輸出に取り組む優良事業者選賞基準>

輸出規模

  • 輸出事業者における我が国の農林水産物・食品の年間輸出額、量、品目等が一定以上あるか
  • 輸出事業者による輸出が一定規模継続的に行われているか

成長性

  • 輸出事業者における輸出額、量、品目等が増加しているか
  • 輸出事業者における輸出国が増加しているか

イノベーション

  • 輸出拡大に向けて生産面・流通面等において斬新的な取組が行われているか
  • これまでに輸出できなかった国への販路を切り開いているか
  • 輸出を可能にするための商品開発・技術革新が行われているか
  • 既存流通とは異なるビジネスモデルを構築しているか

定着性

  • 輸出を継続するために継続的な販路開拓が行われているか
  • 日本の農林水産物・食品を浸透させるための工夫が行われているか
  • 他の輸出国と差別化するためのブランディングができているか

波及効果

  • 日本の農林水産物・食品の拡大に繋がる取組となっているか
  • 農林漁業者が新たに輸出に取り組めるような取組となっているか
  • 他の輸出事業者に参考となるような取組となっているか

結果発表

 審査結果は受賞者へ直接通知します。

 また、令和元年10月頃にプレス発表するとともに、併せて公益財団法人食品等流通合理化促進機構のホームページでも公表します。

 なお、公表の際は、受賞者の連絡先(代表者・受賞者の住所・担当者)も併せて公表いたします。

表彰式

 東京都内において、令和元年11月末~12月初旬頃(予定)に賞状を授与する表彰式典を実施いたします。

 表彰式典に参加される方1名分の会場までの旅費は、事務局が負担いたします。(当機構旅費規程)

その他

 表彰された取組は、当機構ホームページと農林水産省ホームページにおいて広く公表するとともに、農林水産省が実施等をする食品関係のセミナー・シンポジウム等で広く公開、普及いたします。

 なお、審査結果発表後に重大な法令違反等が明らかになった場合は表彰を取り消す場合があります。

 応募にあたり、農林水産省のGFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)への登録(無料)が必要となります。

 右記のアドレスより登録をお願いします。 http://www.gfp1.maff.go.jp/



TOP