機能性表示食品セミナー

平成28年度 6次産業化促進技術対策事業

「機能性表示食品セミナー・相談会」のご案内

-先着順 無料-


1年以内」で話題の「機能性表示食品」の表示をあなたの商品パッケージにつける方法があります!

機能性表示食品はハードルが高過ぎて、大企業が費用と時間をかけて行うものでしょ?
イエイエ・・・あなたでも可能です!このセミナーに是非ご参加ください!そのポイントをお教えいたします!
「ほんとにできるの?」「費用はいったいいくら必要なの?」「家族経営だから人手もないし?」「開発期間は?」「お金を掛けて表示をしても実際売れるの?」など数々のご疑問にお答えするため、主に中小企業の方や6次産業化を試みている生産者・JA の方々を対象とした「機能性表示食品セミナー・相談会」を食流機構が開催します。
商品を販売する際、「美味しい」「きれい」「珍しい」などをキャッチフレーズに販売しても、必ずしもヒット商品となるわけではありません。
本セミナーでは、大手企業が商品開発を行っている加工度合いの高い機能性表示食品とは一線を画し、加工度合いの低い商品に機能性を持たせ、他の商品との差別化ができる実践的な内容をお伝えします。

プログラム(各会場共通)

【第1部:講演会】(13:00~15:10)

時間 講演内容
12:30~ ◆受付・開場
13:00~13:40 ★制度の概要: 生鮮・加工度合いの低い食品に絞り解説します!
講師:グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏
「すぐに使える」・「取りかかれる」をセミナーのメインテーマに生鮮と生鮮に近い低加工度の商品に焦点を絞りこみ「機能性表示食品」について解説します。
講師は、愛媛県の補助事業(食品の新機能性表示制度活用商品開発支援事業)を受託し、結果にも結びつけています。
そうした経験を踏まえて、商品企画の段階から届出に至るまで、ムダのない実証や手続き等の進め方について制度の概要を、実例を織り交ぜ解説します!
13:45~14:25 ★テクニック: 生鮮食品の機能性実証には近道があります!
講師:健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏
機能性表示食品制度施行から1年経過し、届出受理品目数は300を超えました。しかし、その内訳は、サプリメントとその他加工食品が99%を占め、生鮮食品はわずか1%なので今がまさにビジネスチャンスです。
機能性の実証手法の内訳を見ると、臨床試験が約1割、研究レビュー(機能性に関する科学的な根拠論文)が約9割を占めています。多額の費用を要する大企業型の臨床試験ではなく、研究レビューの利活用こそが中小企業・小規模事業者の方が機能性表示を手に入れる実証方法といえます。
機能性の実証は届出者の自己責任のもと行われるものですが、生鮮食品(由来の機能性関与成分)については、公的研究機関(農研機構)の研究者により様々な研究レビューが作成され、公表されています。ムダな経費を掛けずに、賢く研究レビューを活用する方法についても事例を示し解説します。
14:30~15:10 ★実践: 生鮮品分野第1号認定にいたる全てをお話します。
講師:株式会社サラダコスモ 研究開発部 部長 中田 光彦 氏
機能性表示制度が始まり、生鮮野菜第1号として届出受理されたのが講師が開発した「大豆イソフラボン子大豆もやし」栄養の少ない野菜と思われている「もやし」に付加価値を付け、他社との差別化を図りたいと「もやし」に含まれる機能性成分(大豆イソフラボン)に着目し、他社の力を借りず自力で届出した際の消費者庁とのやり取り、受理後の売上増加、メディアの反響などの全てをお話します。
さらに、県や国の補助金の効果的な利用方法、6次産業化を実践してきた開発者として、機能性表示の枠に納まらない生鮮品の活かし方(規格外品や加工残さの利用など)、多くの農業生産者が感じる生鮮機能性表示の難しさを乗り切るノウハウなど、実践経験をリアルにお伝えし、これから認定を目指す方々にとって貴重な機会にしていただきます。

※ プログラム等については、一部変更して実施する場合があります。また、幕張会場とFOODEX会場は時間が異なります。

【第2部:無料相談会】(15:30~20:00)

機能性成分の含有率、オンリーワン商品化の図り方、商品化までのコストや期間、開発商品の市場性価値など、皆様の質問・疑問に講演者3名が個別にお答えします。
※ 1 人(1 グループ)30 分単位(幕張会場を除く。)

開催日程

開催地 開催日 会場 備考
青森会場
【 定員140名 】
8月25日(木) 青森県観光物産館アスパム
4F 十和田
【アクセスマップ】
終了
金沢会場
【 定員100名 】
9月8日(木) 石川県地場産業振興センター
研修室 第12
【アクセスマップ】
終了
佐賀会場
【 定員100名 】
9月27日(火) 佐賀県教育会館
1F 第一会議室
【アクセスマップ】
終了
札幌会場
【 定員100名 】
10月13日(木) 札幌市教育文化会館
研修室305
【アクセスマップ】
終了
鹿児島会場
【 定員120名 】
10月20日(木) 天文館ビジョンホール
8Fホール
【アクセスマップ】
終了
名古屋会場
【 定員120名 】
11月10日(木) 名古屋駅オフィスパーク名駅プレミアホール
403ABC
【アクセスマップ】
終了
京都会場
【 定員140名 】
11月24日(木) 京都府中小企業会館
801会議室
【アクセスマップ】
終了
仙台会場
【 定員140名 】
12月8日(木) フォレスト仙台
第2フォレストホール
【アクセスマップ】
終了
広島会場
【 定員140名 】
12月21日(水) 広島YMCA国際文化センター
2号館 大会議室
【アクセスマップ】
終了
高松会場
【 定員100名 】
平成29年
1月19日(木)
高松商工会議所会館
501
【アクセスマップ】
満席につき、キャンセル待ちにてお受けいたします
那覇会場
【 定員100名 】
2月23日(水) 沖縄産業支援センター
中ホール312
【アクセスマップ】
申込み
受付中

【2/16まで】
FOODEX会場
【 各日 定員50名 】
3月7日(火)
~10日(金)
幕張メッセ(FOODEX)
第9ホール
【アクセスマップ】
このセミナー参加者にはFOODEX入場券をお渡しします
申込み
受付中

【2/23まで】

参加特典

  • 本セミナー・相談会に参加された方には各会場先着100名様に日本最大の食のイベント
    FOODEX2017の招待券を差し上げます。
  • 招待券の送料(82円)につきましてはご負担をお願いします。(参加会場にてお支払いいただきます。
  • 招待券の送付は、平成29年1月~2月を予定しています。

参加申込方法

  • 参 加 費 :無料(事前登録制)
  • 申込方法:参加申込書に必要事項をご記入のうえFAXしてください(パンフレット)。
  • お申込みの受付け後、受講票を送付いたします。
  • ご参加の方は、当日、受講票と名刺をご用意ください。

問合せ先

(公財)食品流通構造改善促進機構 業務部(担当:杉本・穴見)
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-5 第1東ビル6F
TEL:03-5809-2176 FAX:03-5809-2183

TOP