食品流通構造改善促進法について

1.趣旨

消費者ニーズの多様化・高度化等需要動向の変化、農産物の輸入の増大など生産事情の変化、人手不足、配送コストの上昇等による流通コストの上昇等食品流通を取り巻く諸情勢の著しい変化に対処して、食品流通部門の各段階を通じた構造改善を図るため、農林水産大臣が定める統一的な方針の下に、食品流通部門の関係事業者の努力を喚起するとともに、金融、税制その他の支援を行うことにより、食品の流通機構の合理化と流通機能の高度化を図り、あわせて一般消費者の利益の増進と農林業の振興に資するものとする。

2.法律の概要

(1)食品流通構造改善基本方針の策定

農林水産大臣は、食品流通審議会の意見を聴いて、食品流通構造改善基本方針を定める。

(2)食品流通構造改善計画の認定

食品流通の構造改善事業を実施しようとする者は、次の計画を作成し、農林水産大臣の認定を受けることができる。

  • ①食品生産製造提携事業 [外部リンク]
    食品製造業者等と生産者との安定的取引関係の確立、食品の生産安定措置、食品の品質保持施設の整備等食品の生産から小売りに至るまでの一連の流通の総合的な改善を図る事業
    [ 計画作成・事業実施主体………食品製造業者、食品製造業者を構成員とする法人又は農業協同組合等 ]
  • ②食品生産販売提携事業 [外部リンク]
    食品販売業者等と生産者との安定的取引関係の確立、食品の生産安定措置、食品の品質保持施設の整備等食品の生産から小売に至るまでの一連の流通の総合的な改善を図る事業
    [ 計画作成・事業実施主体………食品販売業者、食品販売業者を構成員とする法人又は農業協同組合等 ]
  • ③卸売市場機能高度化事業 [外部リンク]
    食品の品質保持施設、物流施設の整備、流通機能の向上、卸売市場の事業者の資質の向上等卸売市場の機能の高度化を図る事業
    [ 計画作成・事業実施主体………卸売市場の開設者、卸売の業務を行う者又はこれと密接な関連を有する業務を行う者 ]
  • ④食品販売業近代化事業 [外部リンク]
    共同仕入れ・共同配送の実施、食品の品質保持設の整備、販売業務施設の整備、食品販売事業者の経営の改善等により食品販売業の近代化を図る事業
    [ 計画作成主体……………………食品販売業者の組織する法人 ]
    [ 事業実施主体……………………食品販売業者又は食品販売業者の組織する法人 ]
  • ⑤食品商業集積施設整備事業 [外部リンク]
    食品情報の提供等消費者の利便の増進を図る施設を併設した食品販売業者の店舗の集積施設を整備する事業
    [ 計画作成・事業実施主体………食品販売業者等の出資又は拠出に係る法人 ]
  • ⑥新技術研究開発事業 [外部リンク]
    食品の品質保持新技術、食品の流通円滑化新技術等の研究開発を実施する事業
    [ 計画作成・事業実施主体………食品製造業者等、食品製造業者等を構成員とする法人又は農業協同組合等 ]

(3)支援措置

農林水産大臣の認定を受けた計画に基づき構造改善事業を実施する者に対し、以下の助成策を講ずる。

(4)食品流通構造改善促進機構の指定

農林水産大臣は、食品流通の構造改善を促進することを目的とし、次の業務を適切かつ確実に行うことができる民法法人を、食品流通構造改善促進機構として指定する(平成3年10月22日指定)。

  • ①構造改善事業を実施する者に対する債務保証、事業参加、事業受託
  • ②資金の斡旋
  • ③コンサルティング、情報、ノウハウの提供
  • ④販売設備等の開発、普及
  • ⑤地域特産品等の流通、消費の増進
  • ⑥食品流通に関する調査研究等

参考

食品流通における構造改善の促進について [外部リンク]

TOP